623.『続Vegas Pro 16』

 

 

おかえりショーケン

まずはショーケンの挨拶だよ、どうぞ\( 'ω')/

 

 

どうも! 本日無事インフルエンザより帰還しました
しょうけんですー
去年の経験を踏まえ
年末には予防接種を受けていたのに
A型に罹患しました
かなり警戒していたのにです、毎日マスクも

していました…。

今年は解熱鎮痛剤を多用して
高熱による体へのダメージを
最小限に抑えることができた反面
治りは遅かったように思います

どピークのこの時期
もはや防ぎようのない気がします

 悔しいです、涙。

 

 

…。
いやぁ 大変だったねぇ
一応、毎年罹ってるんだっけ?

流行に敏感なんだねぇ、笑
電車にオフィス通勤だと
簡単に伝染っちゃうだろうねぇ。

 

 

20190209174819

 


さて、今日は『VegasPro16』の続報を。

少し前に Vegas Proのニューバージョンを
導入したよ ってやったけど 
やっと少しずつ安定して動きだした。

 

今回のバージョンアップは
PCのハイスペックを要求されますよー 
ってアドバイス貰ったけども
実際動かしてみると やっぱり
それだけに処理が細かくなってるように感じる
(少し重くもなったような)

その分 書き出したものがキレイだから
おカネを出したかいはあったんだけれども

 

そんなこんなでも、いくつかトラブルがあったんで
メモしときますね。

 

まずはGPUについて。

 

俺のPCにはGPUとして
NVIDIA GT720 4GB が搭載してあるんだけども
これがねぇ 
再生支援としては機能するんだけど
書き出し時にエラーが出る。

何が原因かわからずに

書き出せない理由を いろいろ試すなかで
設定からGPUを外すと
書き出せるようになることが判明…。

これが面倒で、編集時にはオンにしておいて 書き出すときに
オフにしてから、一旦再起動が必要になる、笑

 

っていうかその前に使ってたバージョン14も
同じだったような気がする

って、

 

Vegasあるあるかよ!

 

問い合わせたけど要は諦めなさいって
アドヴァイスがきただけ。

 

もちろん対応機種として
明示されてるGPUもあるから
それを搭載してみるっていう手もあるんだろうけど
使えなきゃそれまでだから
試そうって気がしない。

 

■新曲MV
『GOLDEN BEST / THE COUNTER POP』


【MV】GOLDEN BEST/THE COUNTER POP

 

 

 

NVIDIAだとCUDAとかの書き出し支援も
SONY AVCとか MAINCONCEPT とかでって

mp4にするいくつかでしか結局使えないから
なおさらかなぁ。

 

12GBのRAMで使って、メモリ
不足のメッセージが出たんで
24GBまで追加したんだけど
これだって、かといって、
GPUを使えないことに比べたら
あんまり意味が無いような気もするし。

 

それから、カラーグレーディングについてだと
LUTが使えるんで、楽しくなったかな
フリーのLUTとか沢山あるのを使えるしね

 

ただ、それよりも 
プログラム自体の解像処理能力が高くなったのか
動画の書き出し処理が凄くキレイになってて
カメラやレンズの違いが
動画に凄く反映されるようになった。

俺の場合だと

オールドレンズ使いだから
使ったオールドレンズの違いが良くわかるし
それで、益々新しいレンズが欲しくなったりも

 

それからACES1.0っていう
カラースペースが使えるようになって
プログラムのプロパティからHDRを選ぶことで
カラースペースを変更できる

と、いうか 何にしても
書き出し時に32bit浮動小数点を選ぶことで
出力される動画が凄くキレイになった。

使っていたVEGASPRO14でも

同じことしてたんだけど、全然違うー。

 

ところで、youtubeなんかで絡んだ人の殆どは
premireを使ってる人が多いのね
で、良くその人たちに

なんで態々そんなの使ってんの?
って言われるんだけど

確かに、どうしてだろう、笑

 

20190209174821

 

premireに替えようかなあ
でも、買ったばっかりだしなぁ
premireとかってさぁ
フリーのプリセットが沢山あって
それがまた羨ましいんだよねぇ

 

それからyoutubeでの使い方の指南とかも
いっぱいあるでしょ? 

Vegasは少ないし あってもダッサいの多い、笑
MAC系のシャレた感じがあんまりない

windowsってどうもアート系に弱いよね?

そんなんだから態と使ってるんだけどね、笑

 

洒落た動画の殆どがpremireで
MACユーザーが多い気がする
そんな感じなもんで、youtubeでpremireの使い方動画をみて
Vegasにそれを置き換えて考えて試す
みたいなのが多い

この間もyoutubeでカッコいいアニメーションtext

を使ってる人がいてがいて
それって何ですか?聞いてみたら 

プリセットですよー
って簡単に答えが返ってきた…。

同じことVegasでやると結構面倒なんだよねぇ
時短に価値を置いてないのね。

まあ、仕方ないか。

 

               かし子

 

■ニューシングル配信中!

買ってね!


『GOLDEN BEST / THE COUNTER POP』

 

Spotify

open.spotify.com

 

『i-tune apple music』

 

Amazon

Golden Best

Golden Best

 

 



 

-------------------------
by Rocker's Delight 2月号
-------------------------
◆◇◆ いきなりディスクガイド!! 今週の3枚
「別冊」Rocker's Delight / Group's Choice

◆キクぜ!!超クールなロックオヤジ養成講座
  Mass Gothic / I've Tortured You Long Enough

◆目指せ!!激渋ロッケンローラー矯正編(涙)
  Mike Westbrook / Metropolis

◆あなたの人生を豊かにするちょっとディープなカーステレオライフ!!
  Khruangbin / Con Todo El Mundo

622.『脇田もなり生誕祭に参戦!』

 

 

 

こんにちは
今日はギターのショウケンがインフルA型にかかってしまい
お休みです
今頃うなされてるでしょうねぇ・・・。

お大事に!

 

と、いう事で今日は
ここのところ俺が推している シンガー
脇田もなりさんの生誕祭参戦の話を!

 


脇田もなり - Boy Friend (Official Music Video)

 

 

脇田さんはアルバムを既に二枚出している
今風に言うとシティ・ポップシンガーですね
俺からするとソウル・R&Bシンガーかな
そっち系の歌手の皆さんって
ほとんどの場合 腹から声を出すって感じで
食われそう、っていうか「本格派」って
いうか、聴いてて疲れるっていうか
黒人かぶれ・・・なぁんて悪い言い方に
なっちゃうけどそういう感じが多いでしょ?
だけども、彼女の場合は
アイドル出身と
いう理由か、はたまた何だろう
声質なのかなぁ?
なんとも可愛らしいロリポップな感じでもって
ソウルとアイドル、奇跡のハイブリット!
といった具合なんですね。


ロック系と残り昭和歌謡って趣向の俺が
どうしたものか、というと
何しろいっつも同じだと飽きちゃうので
アンテナを張ってピピンときた\( 'ω')/

ことをしようと気にしてて

そのアンテナに引っかかったっていうのが

脇田さんなんですねぇ


で、そこから最近の若い人たちの感性とかも
体感できるかなって意味もあって。まぁ、脇田さんの周辺を
覗いてみよう、と。

で、いそいそとこの日曜日に
生誕祭というのに参加したわけです。
生誕祭って言うんはアイドルの人たちの口から

なんどか聞いたことはあったんだけども

行ったことはないんで、ちょっと気後れ
した感じはありましたけど。
ただ、気後れって、それこそそが目的でもあるわけで
行ったことないとこへ行く!ってね

そんなことがしたい年ごろー

 

場所は六本木VARIT
情報ではイベントスペースってなってました
けども行くと小さなライブハウスと云ったところか
入るなり客が沢山ぎゅうぎゅう!でびっくり
ブレイクだねこれ?
背伸びしないとほとんど見えなかった・・・

 

で、今日は生バンドを従えてのライブという事で
いつも聴いてるCDは打ち込みなんで、ちょっと面白そう
でこれまた上手なバンド、イイ感じ!
80年代のリズムが多いんで生バンドって
珍しいでしょ?
生誕祭ってどんなのだろって思ってたんだけど
誕生日にやったライブ、でしたね、笑。

曲調のせいなのかアイドル出身っていうからなのか
お客はほとんど年配者、年よりじゃぁないけども
若者じゃぁなかった、笑
女性は一人か二人。
男の客たちも 訳知り顔っていうの?なんだろう
ちょっと入りにくいような雰囲気はあったかな、
ただ嫌な感じじゃぁなくって
みんな熱心なファンのようで
気後れするとか、ちょろっと見に行ったのが
申し訳ないような、そんな居心地の悪さで

とはいっても、楽しいライブで
もなりさんの誕生会だしねぇ、
何しろ彼女の声がいい声で、素晴らしいー。
行ってみるもんだねぇ

 

 

と、いうお話


興味を持った方は是非に!

621.『アルバム/LIMITED EDITION 発表についての…』

 

 

 緊急告知!

 

  2019 3月19日

  アルバム発売決定!

 

       THE COUNTER POP

        タイトル

     LIMITED  EDITION

 

f:id:thecounterpop:20190120005509p:plain

 

是非ともチェックしてくださいー

 

 

 

 

さて、先週、大発表した
アルバム『LIMITED EDITION』3月19日発売
なんですが

これ本当はちゃんとしたタイトルがあって

 

「基本、かっこ悪いすぅー」

 

と、笑
こんな感じなんです

ちょっと川上三未映子を意識したりしてー

 

で、このジャケット・デザインを作ったときに
表面はスッキリとしたいな ってことで
このタイトルは裏面に小さく入れたんだよね

 

そもそも フォントっていうのか
文字体がさぁ 日本語って 
ちょうどいいのなくて

あんまりデザインされ過ぎてるのも使いづらいし
60年代の映画みたいのが良かったんだけど…
兎に角、いいフォントが手に入らなかった
って、まあ小さければねぇ かっこつくからね

 

そしたら 表面に入れないと
タイトルとしてはいけない!
みたいなルールがあるってディストリビューターに言われちゃって
まあね、消費者が混乱するからってことらしいんだけど
わからなくもない だけど、どうでもいいルール…。
まあ、従うしかないんでね 

そういう訳で。

 

俺たちデビューが98年だから 今年で活動21年経つわけよ

バンド始めてからだったらもっともっと長いし
今更、どうしてアルバムを? って思うんだろうけど
まあね 曲も音源も作ってはいたわけで

 

98年の頃なんて カセットテープとかオープンリールで録ってたし
バリバリ、アナログ時代だよね
それからADATなんちゃらかんちゃらって
デジタルに移行するも、まあ音が悪くて
人様に聴かせるのもどうかな
ってくらいのものが多かったし

 

って、要は気に入らなかったのね

 

で、ここ2年くらいかな LANDRってオンラインの
マスタリングサービスを利用するようになって
デジタルでの作業、DAW/DTMなんていうのも
いよいよ終わりが見えてきた

 

所詮ロックンロールだよ?
整い過ぎるのもダッサいしねぇ
さっき作ったみたいな生々しさがないと

だけど これが一番、難しい!笑

コンピュータでマトモにやるとカラオケの伴奏みたいになっちゃうし
だってさぁ、どこかぶっ壊れてないとダメでしょ?

ロック音楽だよ?

そんなこんなで 
LANDRを使いだしてケツの音が安定してきたら
戻ってあちこちと、悪いところも見えてきてね
CubaseやStudioONEって
ソフトウェアも全て最新版に更新したりして
本格的にMIXし直して ってな具合で
なんとかかんとか漕ぎ着けたってわけさー

で、何しろ誰も相手にしてくれないもんだから
営業も自分らでやろうという話になって

 

まずは今風に配信

Spotify

open.spotify.com

 

『i-tune apple music』

 

Amazon

Golden Best

Golden Best

 

 

これもさぁ、LANDRが経由で配信ができるっていうので
頼んだりしてみたり
YouTubeでの(MV)の発表にあわせて
Twitterで拡散してもらったり
なんてことをやりつつもね

 

 

まずは いつも自分達ではいつもCD−Rを使ってるんでね
プレスしたものの音をを聴いてみたいという欲求がひとつあって
プレスしたら、音がいいのか悪いのか…
違いがあるのか、無いのか

あるならそれがわかるのか否か

 

で、調べると

プレスしてくれる会社なんては、沢山あるけど
プレスしてもそれをどこで売るか、っていうのが問題でしょ?

置いといたって売れるわけないし

で、いろいろ調べてみたら ネットで
Double Conectっていう会社が出てきた。
ジャケット込み、台湾でプレスしてくれるって
業者なんだけど
ディストリビューションも同時に行っているらしくて
まずは目的のAmazonに無料で置いてくれたり

それから、全国の取引のあるレコ屋にも置いてくれるって話
ここの部分が本当だとすると かなり安いし面白い。
プレスして家に置いといてもしょうがないしさぁ
まぁ、これぞ、面白い時代になったー、という事かな。

少し説明すると

これ、紙ジャケットとプレスCDだけね、
デジパックじゃないし不織布も付かない
っていう一番安っすい組み合わせ
ただし印刷です。ちゃんと。

で、300枚プレスで6万8千円!
これと、本当ならAmazon出品料登録だけで
2万円近くかかるものも無料となるなどなど

考えると
かなり安いかもなぁ。

 

俺はジャケットのデザインも自分で作ったんで
デザイン料もなし!

だったんだけど 

 

デザインをAIファイルっていうので
納品しなくてはならなくて
ここの調整をココナラってアプリで
3千5百円で専門家にお願いした。

 

笑っちゃうんだけどさぁ 
元々、俺がで作ったデザインは
ネオンカラーだったんだけど
CMYKって印刷用に変換すると
ネオンの部分は使えないってことで
くすんだ緑と薄い赤という
珍妙な色になっちゃった。

 

まあトラブルは付き物なんで
それでもカタチにして あとはどうなることやら

 

アルバム発表に向けてMVの制作と新曲の配信
HPを作り直したりなどなど
いろいろやんなくちゃならない事も多いね
どうなることやら…

 

 かし子

 

 

 

-------------------------
by Rocker's Delight 1月号
-------------------------
◆◇◆ いきなりディスクガイド!! 今週の3枚
「別冊」Rocker's Delight / Group's Choice

◆キクぜ!!超クールなロックオヤジ養成講座
  Mass Gothic / I've Tortured You Long Enough

◆目指せ!!激渋ロッケンローラー矯正編(涙)
  Mike Westbrook / Metropolis

◆あなたの人生を豊かにするちょっとディープなカーステレオライフ!!
  Khruangbin / Con Todo El Mundo