632.『PCアンプ新調のお知らせです』

 

さてさて、こんにちはー

ロッカーズ・ディライト始まりです!

そして、今日もJOESIXスタジオからお送りしています

 

今日の話題は。オーディオです!

 

DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)と言って、

簡単に言って、PCを使っての音楽制作というものがあります。

そこで、PCから音を出すのに、一般的には 

オーディオ・インターフェイス

というものを使います。

 

これなんですか?

ってことだと思うんですけど

インター・フェイスと言いますから

プレイヤーとPCを繋ぐモノ

接点とか設置面、PCへの入り口が集まって

顔を出してるモノ、みたいな、えー

 

具体的には、アンプへつなぐ穴や

楽器をさせる穴なんかが付いていて

マルチトラックと言って同時録音

するためにいっぺんにいくつもマイクを

させるようにもなっていたり

もちろん、ヘッドホンもさせる

 

あ、まあこれDAW専用のモノが

一般的にあって みんなそういうのを

使ってると思うんだけど・・・、どうなのか?


とりあえず、俺の場合、録音はPCに直接するとファイルの

管理やなんかが面倒で演奏の

気が散るという理由から

割り切ってデジタルのMTRを使用してますー。
(これ、録音に特化してるので集中できる…。)

 

で、それを後でPCにコピーしてきて、PC上でそのデータを編集するってなる

わけですが。じゃぁ、そのインター・フェイスを、再生だけなら

DAWDTM専用でなくてもアリじゃん、ということで

私は、一般オーディオ用のPCアンプを使ってる、って

今日の話はそこからです。

 

では、これまた何の為にってことだろうけど

 

違いは音。

 

編集ソフトの Cubase アプリケーション内の音が

なるべく色付けなしにダイレクトに聴くにはどうすればいいのか?

って考えた時に こうなりました

 

インターフェースはアンプの付いたスピーカーへ出力

する仕様になっていて、あまり音がよくないし

それを聞きながら調整したものと書き出したものが

一致しないことが多い…

 

 

で、昨年、それをするために発想を切り替え

モニターのための、フルデジタルのPCオーディオ機を探してた時に

FX-AUDIOという台湾だか中国だか、設計は日本だったりって、モノが

アマゾンを中心に流行っててそれを購入、即導入

 

 

20190413222703

 

 

これがまたイイ感じで、価格がなんと激安!!!

一万円前後!!!しかもコンパクト、

当然スピーカーもコンパクトにできるし

大きな音を出さなくていいのでうるさくないし

疲れない

 

で、音もよし!ということで 

これを使って再ミックスし、

今回のCDにもしたと…

そんな流れになれたとです。

 

さて、今回は このFX-AUDIO D-802にヘッドフォン端子がなく

不便にしていたので 買い替えを検討しました

探すと、あったあった、久しぶりに

みたら、結構盛り上がってて

色々出てるー。

その中で、比較的新しく手軽なものの中から


KENWOODのKA-NA7

 

というものを購入してみました!

20190413222659

届いてみると、コンパクト!

FX-AUDIO D-802よりも更に小さくて軽い…。

って、大丈夫か? ちょっと不安・・・

 

オーディオ機器は昔は重きゃ重いほどいい!!

っていう伝説があったんだけどねぇ、笑

 

もうないのかねぇ?

 

FX-AUDIO D-802が80W×2だったのに対して

KENWOODは10W+10Wって、かなり小さい

なんだか心もとないけどねぇ

 

いやぁ、大丈夫か?ますます心配…。

 

ただ何が一番の目的かっていえば

ヘッドフォン!

FX-AUDIO D-802にはヘッドフォンが付いてないし

そもそもFXーAUDIOでヘッドフォン付きにすると

結局15Wのモノで選ばなきゃならなかったから

諦めて80WのFX-AUDIO D-802を選んだんだけども

あー、今回も同じメーカーのものでっとも

考えたんだけども、せっかくなんで別メーカーのほうが

おもしろいでしょ?リスクはあっても

そっちを選んでしまうタイプですー。

 

悩ましい、

果たしてどうなることやら

 

まあいいか、早速つないでみましょうー。

接続するのに背面を見ると、バナナプラグもさせない、えっ、

PCとつなぐusbがタイプBでもない、えっ。

usb microB だって、えっ?

そもそもケーブルが付属しない、え、えっー。

しょうがない、って、買いに行ったらオーディオ用はほぼ

売ってない・・・。

なんでしょう、適当なケーブルでいいってことか?

PCコーナーでデータ転送用の2mのケーブルを購入

 

んー。

 

接続の前にデバイスをインストールしろと。

なんだか少し面倒くさい、笑。

さっきも言ったけど、ケーブルも1000円しない

 

だ、大丈夫か?

 

視聴してみましたが…。

 

あー、はい当たりかな? こんなんんで

めっちゃいい音ですね! 最近は凄いー。

これ一個買ってスピーカー繋いだらおしまいだよ?

それでこんなに簡単にいい音で聴けるとは

凄い時代だねぇー。

すぐ時代のおかげっていうところが

おっさん臭いけど、笑

 

ところで、Cubaseで使うのに

このPCアンプを刺しただけでは、マザーボードを迂回できない

ということで、またしても

Cubaseとの間に asio4all をかませました。

FXーAUDIOもびっくりしたけど、

倍くらいお金払った音はしてましたよー。

これでまたミックスが全然違うものに

なるでしょうねぇ、楽しみ。

 

っていうか、それでもこれほとんど

最安値でしょ?アマゾンで2万ちょっとで売ってたのを

飼いました

一般的なラインナップの10万前後の

ものなんていったいどんな音がするんですかねぇー?

ってって、もっともっと高いものなんかも

あるし。どんなもんでしょ?

また来週。

 

 

             かし子

 

 

 

 

 

-------------------------
by Rocker's Delight 4月号
-------------------------
◆◇◆ いきなりディスクガイド!! 今週の3枚
「別冊」Rocker's Delight / Group's Choice

◆キクぜ!!超クールなロックオヤジ養成講座
  Piroshka / Brickbat

◆目指せ!!激渋ロッケンローラー矯正編(涙)
  Shocking Blue / At Home

◆あなたの人生を豊かにするちょっとディープなカーステレオライフ!!
  Yves Tumor / Safe In The Hands Of Love